------------------------------- スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知っておきたい投資信託の基礎知識 サイトマップへ戻る
投資信託に関するお得な情報をブックマークする→
--------------------------------- スポンサードリンク
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

投資信託の選ぶポイント3、騰落率やベンチマークなどの運用実績

投資信託を選ぶ際、何を基準として投資信託を選べばいいのか?誰もが、思っているはずです。

その、を選ぶ基準を7項目に別けて紹介していきたいと思います。

今回は、第3回目として「騰落率やベンチマークなどの運用実績」について説明していきたいと思います。

投資信託の選び方の騰落率やベンチマークなど運用実績について紹介したいと思います。

その前に、騰落率というのは何でしょうか。
投資信託を行っている人ならわかるかもしれませんが、投資信託の初心者の場合には騰落率という言葉からわからないかもしれませんね。

追加型の株式投資信託では、運用の成果を数字で見る場合には騰落率という指標を使って表示するんだそうです。
追加型株式投資信託では決められた期間の、基準の価額の動きというのはパーセンテージで現します。

これが騰落率なのです。

例えば、基準価額が10,800円だったとして、半年たって基準価額が10,500円になったとします。
ということは、この場合の投資信託の騰落率というのは半年で-2.78パーセントになったとうことになります。

では基準価額が10,500円だったとします。
そして半年後には11,000円になっていたとします。
この場合の投資信託の騰落率はどうなるのかというと、半年で+4.76パーセントということになりますね。

これが一定の期間での基準価額の動きをわかりやすくパーセンテージしているものです。

色々な会社の追加型株式投資信託の騰落率を比べてみるということは投資信託を選ぶときにはとても参考になると思いますし、ベンチマークの騰落率と比べてみると成果がよくわかると思います。

投資信託を選ぶときには騰落率やベンチマークを見るということは運用実績がよくわかりますから、それを元に投資信託を選ぶというのは賢い投資信託の選び方だと思います。

っと言ったように、騰落率を見て、投資信託商品を選ぶことも大事な、投資信託選択要素の一つになります。

しかし、騰落率は、あくまで過去の実績をあらわしてものなので、将来の上昇・下降を保障するものではありません。
スポンサーサイト
知っておきたい投資信託の基礎知識 サイトマップへ戻る
投資信託に関するお得な情報をブックマークする→
--------------------------------- スポンサードリンク

テーマ:■超初心者の株式入門■ - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 39 : 40 | 投資信託の選び方 | page top↑
| ホーム |

スポンサードリンク

カテゴリ

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

●免責事項について

 当サイトで記事にしている内容につきましては、管理人が調べ主観で記載しているものであり、必ずしもすべてにあてはまるわけではありませんので、ご注意ください。誤りや不適切な掲載がありましたら、即刻掲載を取りやめますので、コメント等によりご指摘いただければ幸いです。

RSSフィード

FC2カウンター

ブログランキング

投資信託ランキング 投資信託ランキング
投資信託ランキング 投資信託ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。